欧洲杯正规买球平台_投注欧洲杯-官网推荐

教養教育

教養教育

Liberal Arts

芸術を志す学生に幅広い視野と多様な価値観への理解を育む

教養教育では、芸術表現活動が深い教養に支えられたものとなるように、生涯にわたって自らを高める努力を怠らず、卒業後は社会人としての責務を自覚できるような優れた人材を育てることを目指しています。学生の興味を引きつつ深い教養を育むために、どの教科科目においても、時代に即した事例?応用とともに各学問分野の本質を教授し、広い視野と多様な価値観への理解を促し「芸術大学にふさわしい教養教育」を展開しています。


教育課程の目標

  • 芸術を専攻する学?に対して広い視野と多様な価値観への理解を育むことを?標とし、???社会??然科学?情報?保健体育?外国語など専?課程以外の多様な価値観を教授する科?を展開しています。
  • 外国語科目では「読む、聞く、書く、話す」という言語リテラシーの基盤を育成することを目標とします。また、グローバル社会に対応できる芸術家?研究者の育成を目標として、英語?ドイツ語?フランス語?イタリア語のすべての外国語において、将来的な大学院進学や海外留学に必要なレベルまで学修できる科目を揃えています。
  • どの教科科?においても、時代に即した事例?応?とともに各学問分野の本質を教授することによって、学?の興味を引きつつ深い教養を育てます。

具体的な構成と特徴

  • 多様な興味?関?と専?性を持つ学?が、??ひとりの適性と必要性に応じた科?を主体的に選択し学修できるように、外国語も含めたすべての教養科?を在学4年間の間にいつどのように履修するかを、学??らが決定することができます。
  • どの言語においても初級から上級へと至る段階的な学修プログラムを提供しています。学生は一人ひとりの興味や必要性に応じて、自由に履修する外国語を選択することができます。中級および上級では多様化する国際社会で活躍できるような異文化理解力?コミュニケーション能力の向上にも配慮した指導をしています。
  • 教職課程では、芸術?学としての専?性を活かした教員養成を?います。個別教育重視の専?教育に加えて、実践を重視した教職科?群を?意することで、芸術家としての確かなアイデンティティーを持った教員を養成します。

教育課程の評価?法

  • 学修成績は、各科?の担当教員が学?の?律的学修態度(予復習?個?的な探究)を反映する評価?法をシラバスに明確に規定し、これに基づいた厳密な評価を?います。

展開する授業の内容

多様な興味?関心と専門性を持つ学生が、一人ひとりの適性と必要性に応じた科目を主体的に選択し学修できるように、各学生は外国語科目を含めた全ての教養科目を、自らの関心や必要性等に応じて、在学期間中に自由に選択し学修することができます。

人文?社会 哲学/外国文化史/外国文学/西洋の古典文芸/異文化コミュニケーション/宗教学/西洋演劇論/日本史/西洋史/日本国憲法/社会学/心理学/人類学/芸術と諸科学/自由研究ゼミナールⅠ?Ⅱ
自然科学 数学/基礎生物学/基礎物理学/基礎化学/自然科学とその周辺
外国語 英語初級/英語中級/英語上級/ドイツ語初級/ドイツ語中級/ドイツ語上級/フランス語初級/フランス語中級/フランス語上級/イタリア語初級/イタリア語中級/イタリア語上級
情報 コンピューター基礎
保健体育 基本体育/身体運動演習/スポーツ?健康科学

劇作家ブレヒトの政治的な詩をレクチャーで紹介し、彼の協力者でナチ時代に亡命したユダヤ系の音楽家たちの作品を卒業生、大学院生が演奏。

ドイツ語教員が企画?翻訳?上演した戯曲『つく、きえる』。現代ドイツ劇作家R?シンメルプフェニヒが描いた〈フクシマ問題〉をめぐる問題作を、愛知県の演劇人の協力のもと、本学学生の生演奏を交えて上演。

イタリア語教員が推進するイタリア語?イタリア文化研修では約2週間、海外協定校のサレルノ大学で現地関係者と交流し、学習している。

教員Faculty members

非常勤講師一覧