欧洲杯正规买球平台_投注欧洲杯-官网推荐

大学案内 大学概要

音楽学部 3つのポリシー

ディプロマ?ポリシー(卒業認定?学位授与の方針)

音楽学部では国際的視野に立った芸術?研究活動の展開を目指すような、明確な目的意識と強い気概、実力を伴った人間性豊かな人材の育成を目標としています。
卒業までに、確固とした個性と豊かな感性を養い、音楽における高度な専門実技能力と深い知識、そして幅広い教養を身につけることが求められます。
所定の期間在学し、最終年次の「卒業作品」、「卒業論文」又は「卒業演奏」を含めた所定の単位を修得した学生を卒業と認め、学士(芸術)の学位を与えます。

カリキュラム?ポリシー(教育課程編成?実施の方針)

学生の個性を最大限に伸ばすため、専門実技授業では4年間徹底した個人指導による教育を行います。1、2年次では特に基礎教育を重視し、3、4年次には将来の幅広い活動を支えるだけの応用力を養うための様々な実践的授業が用意されています。

実技系の授業等とあわせ、音楽理論、語学、一般教養等、自由に選択可能な科目を幅広く学ぶことも出来ます。

アドミッション?ポリシー(入学者受入れの方針)

音楽学部では音楽に対する感性が豊かで表現意欲が旺盛な人や、将来国内はもとより、国際的視野にたった幅広い芸術?研究活動を目指すような、明確な目的意識と強い気概をもった人を求めています。

音楽学部各専攻 3つのポリシー

作曲専攻作曲コース 3つのポリシー

ディプロマ?ポリシー

人材育成目標

作曲専攻作曲コースでは以下に挙げる人材の育成を目指しています。

  • 作曲家?指揮者?演奏家?教育者等、創作能?を?かした活動を通して、社会に貢献し得る人材
  • 国際的視野に?った芸術?研究活動の展開を目指す人材
  • 明確な目的意識と強い気概、実?を伴った人間性豊かな人材

卒業までに?につけるべき資質?能?

  • 作曲家としての専門的な能?
  • 豊かな感性と、それを表現する技術をもって確かな音楽作品を創作するための表現技法
  • 将来の幅広い活動を?えるための応??
  • 時代を読み解き作曲家として社会に貢献する姿勢

学位の授与方針と評価方法

最終年次の「卒業作品」を含めた所定の単位を修得した学?を卒業と認め、学?の学位を与えます。

  • 所定の在学期間の確認、必要単位修得の確認
  • 卒業作品の評価???専門実技の学修成果を総合的に審査する「卒業作品」では、複数の教員が様々な視点から個々に採点し、それらの集計結果により評価を決定します。

カリキュラム?ポリシー

教育課程の編成方針

個人指導を中心とした専門実技指導、グループ?ゼミや試演会での創作作品の検証、国内外の音楽家による特別講座、公開講座、レクチャ―?コンサートの開催等により伝統的?洋芸術音楽の方法論から先端的音楽についての分析法、他 領域とのコラボレーションの仕方、邦楽??族音楽へのアプローチ方法、現代社会とアートの関わり方等まで学ぶことができるようカリキュラムを編成しています。

具体的なカリキュラム構成と特徴

  • 徹底した個人指導を中心に、時代やジャンルを問わず様々な音楽の分析(アナリーゼ)や音楽理論を学びつつ、即実践である創作(作曲)へ応?し、グループ?ゼミなどで検証していきます。
  • 4年の間に独奏曲から管弦楽曲までの規模の作品を書くことが課され、作曲家としての専門的な能?を養います。また電?音楽や複合領域的な作品を制作する場もあり、多様な作品を?み出す環境にあります。これらの作品は「作曲作品演奏会」など、実際に演奏される多くの機会も提供されます。
  • この他、国内外の音楽家や外国人客員教授による公開講座やレクチャー?コンサート、提携校への派遣留学制度などにより、国際的な学修経験を積む機会が設けられています。

教育課程の評価方針?方法

  • 専門実技試験では、各学?の作品を複数の教員が様々な視点から個々に採点し、それらの集計結果により評価を決定します。
  • その他の授業科目については、各科目の担当教員がシラバスに定めた方法によって評価します。

アドミッション?ポリシー

求める人物像

  • 創作研究に対する、謙虚且つ積極的な姿勢を持っている人
  • 感性、知性、表現?、独創性、柔軟性、好奇心、国際性等を持っている人
  • 音楽の創作において必要な基礎的能?を?に付けている人

?学前に?につけてほしい学習成果

  • 基本的かつ十分な作曲能力。特に楽典に基づいた正しい楽譜の読み書きができること、自己の表現したいものを適切な技術で書き表すことができること、和声、対位法等の理論をある程度習得していること
  • 音楽の基礎的能力(楽曲分析、ソルフェージュ、ピアノ実技等)
  • 西洋音楽史の素養、特にバロックから近代までの基本的な楽曲を網羅的に知っていること
  • 基礎的な学?、語学?(英語)

入学試験の基本的な方針?考え方

一般選抜

  • 専門実技試験では、作曲家としての資質、技術、表現力をみます。受験者一人一人の作品を複数の審査員が様々な視点から個々に採点し、それらを集計した結果により評価を決定します。
  • 専門実技試験の結果に加え、音楽の基礎的能力試験(ソルフェージュ、ピアノ)と大学入学共通テスト(外国語、他)の結果を総合して合否を判定します。

総合型選抜

  • 提出物による審査(作品、音楽活動記録、調査書他)の後、専攻実技試験、口述試験の結果を総合して合否を判断します。

作曲専攻音楽学コース 3つのポリシー

ディプロマ?ポリシー

人材育成目標

作曲専攻音楽学コースでは以下に挙げる人材の育成を目指しています。

  • 音楽?芸術に対する豊かな知的好奇心?感受性を持ち、社会に貢献できる人材
  • 音楽の学問的研究およびそれに関連した業務に携わる人材

卒業までに?につけるべき資質?能?

  • 卒業後に、一般および音楽関連企業への就職、教職(中高)および研究職(大学)、国内外への進学など様々な活動を?うための基盤となる能?
  • 語学をはじめ、実技や理論など幅広い知識と経験

学位の授与方針と評価方法

最終年次の「卒業論?」を含めた所定の単位を修得した学?を卒業と認め、学?の学位を与えます。

  • 所定の在学期間の確認、必要単位修得の確認
  • 卒業論?の評価???専門実技の学修成果を総合的に審査する「卒業論?」は、音楽学コースの教員が合同で審査?採点し、合議により評価を決定します。

カリキュラム?ポリシー

教育課程の編成方針

学部から博?前期?後期課程への一貫性を?据え、少人数であることを?かしたゼミ形式によるキメの細かい教育を?い、一般および音楽関連企業への就職、教職(中高)および研究職(大学)、国内外への進学などさまざまな進路につながる授業科目、教育体制を編成しています。

具体的なカリキュラム構成と特徴

  • 1年次、2年次で音楽学の基礎的な方法論を学びます。
  • 3年次から各?のテーマに基づく研究に取り組み、4年次で卒業論?を完成させます。
  • その過程において語学をはじめ、実技や理論を修得し、そして特別講座や総合ゼミを通じて幅広い知識と経験を?につけていきます。
  • また国外の研究者?アーティストによるゼミや講演、提携校への派遣留学制度などにより、国際的な学修経験を積む機会が設けられています。

教育課程の評価方針?方法

  • 講義やゼミ等の授業は、それぞれ各授業の担当教員の定めた方法によって評価します。
  • その他の授業科目については、各科目の担当教員がシラバスに定めた方法によって評価します。

アドミッション?ポリシー

求める人物像

  • 音楽に対する知的好奇心をもっている人
  • 音楽を研究する上で必要な基礎的能?を備えている人
  • 芸術に対する豊かな感受性をもっている人

?学前に?につけてほしい学習成果

  • 音楽の基礎的能?(ソルフェージュ、ピアノ、楽典)
  • 基礎的な学?、語学?
  • 論理的思考?および表現?

?学試験の基本的な方針?考え方

一般選抜

  • 論理的思考?および表現?をみる論述??述試験の結果に加え、音楽の基礎的能?試験(ソルフェージュ、ピアノ、楽典)と大学入学共通テスト(外国語、他)の結果を総合して合否を判定します。

学校推薦型選抜

  • 音楽学の基礎的能?(英語?を試す出題を含む)、音楽の基礎的能?試験、?述試験の結果及び提出書類(音楽活動記録、調査書他)を総合して合否を判定します。

声楽専攻 3つのポリシー

ディプロマ?ポリシー

人材育成目標

声楽専攻では以下に挙げる人材の育成を目指しています。

  • 豊かな?を持ち、幅広い教養と?度な専門性を?に付けた声楽家、?楽分野の指導者
  • 演奏家、教育者、合唱指揮者、研究者等として、広く社会に貢献し得る人材

卒業までに?につけるべき資質?能?

  • 声楽家としての基礎である呼吸法と発声
  • 多彩なレパートリーに対応できる豊かな?楽性と演奏技術
  • 演奏する作品に関わる歌詞解釈とその発?法など、専門実技に密着した語学?
  • 声楽家、?楽指導者に必要とされる基本的な能?

学位の授与方針と評価方法

最終年次の「卒業演奏」を含めた所定の単位を修得した学?を卒業と認め、学?の学位を与えます。

  • 所定の在学期間の確認、必要単位修得の確認
  • 卒業演奏の評価???専門実技の学修成果を総合的に審査する「卒業演奏」は、複数の教員が様々な視点から個々に採点し、それらの集計結果により評価を決定します。

カリキュラム?ポリシー

教育課程の編成方針

学?と教員の一対一による実技レッスン、合唱やオペラ関連の実技系クラス授業に、?楽芸術言語などの関連科目を加えた多彩な授業科目とキメ細かな指導で、声楽家として必要不可?な知識と演奏技術を?につけられるようにカリキュラムを編成しています。

具体的なカリキュラム構成と特徴

  • 1年次から4年次まで指導教員との一対一の個人レッスンを通して、声楽家としての基礎である呼吸法や発声から、多彩なレパートリーに対応できる豊かな?楽性、演奏技術までを?に付けます。
  • 並?して1年次からは「合唱」、3年次には「オペラ基礎」「オペラ重唱」、4年次にはそれらを基にした「オペラ研究」が必修科目に組み込まれ、幅広い演奏活動を?える基礎能?を養います。
  • 外国語に関しては、教養教育科目としての?法や??解釈などのクラス授業に加え、特に声楽学習者のニーズに応えるものとして、各人が実際に演奏する歌詞の解釈や発?をネイティブ?スピーカーに学ぶ「?楽芸術言語」のクラスを開講 するなど、より専門に密着した語学?が養えるよう配慮されています。また外来のアーティストによるレッスンや特別講座、提携校への派遣留学制度などにより、国際的な学修経験を積む機会が設けられています。

教育課程の評価方針?方法

  • 専門実技試験では、各学?の演奏を複数の教員が様々な視点から個々に採点し、それらの集計結果により評価を決定します。
  • その他の授業科目については、各科目の担当教員がシラバスに定めた方法によって評価します。

アドミッション?ポリシー

求める人物像

  • 豊かな感受性、想像?を備えている人
  • 演奏家としての資質を備えている人
  • 積極的に学び、?楽界、芸術教育界を将来担うべく意欲旺盛な人

?学前に?につけてほしい学習成果

  • 専門実技能?
    学ぶ上で?切にして欲しいことは、第一に?主的に学ぶ姿勢と、積極的に表現しようとする姿勢です。そして、各人の資質に応じた無理のない発声を?につけ、?楽と言葉に対する感性を磨くよう努?して下さい。
  • ?楽の基礎的能?
    基礎的な読譜?と、ピアノの演奏能?を?につけてきて下さい。また?楽についての知識を積極的に吸収するよう?がけて下さい。
  • 基礎的な学?、語学?
    歌詞を歌う声楽においては、?本語を含む語学?は必要不可?なものです。加えて作品の背景を知る為にも、歴史や?学に関する基本的な知識を?につけて下さい。

?学試験の基本的な方針?考え方

一般選抜

  • 専門実技試験では、演奏家としての資質、技術、表現力をみます。個々の受験者の演奏を複数の審査員が様々な視点から個々に採点し、それらを集計した結果により評価を決定します。
  • 専門実技試験の結果に加え、音楽の基礎的能力試験 (ソルフェージュ、ピアノ、楽典)と大学入学共通テスト(外国語、他)の結果を総合して合否を判定します。

学校推薦型選抜

  • 書類審査(音楽活動記録、調査書他)の後、専攻実技試験、音楽の基礎的能力試験の結果を総合して合否を判定します。

器楽専攻ピアノコース 3つのポリシー

ディプロマ?ポリシー

人材育成目標

器楽専攻ピアノコースでは以下に挙げる人材の育成を目指しています。

  • ピアノ演奏芸術を専門家として深く理解し、表情豊かな演奏表現を追及できる人
  • 演奏、教育、?楽研究等の幅広い分野で専門家としての?を発揮し、広く社会に貢献できる人
  • 国際的な芸術活動を?うための技量と人間性を持った人
  • ?楽の素晴らしさを社会に広めることのできる人

卒業までに?につけるべき資質?能?

  • 個性を?かした表現?と専門家としての??の獲得
  • ?楽作品に対する専門的な?識、及び多様な価値観に対する理解?
  • 独奏、アンサンブル、伴奏など多様な演奏活動に対応できる?
  • 広い視野を持って?らを成?させる?

学位の授与方針と評価方法

最終年次の「卒業演奏」を含めた所定の単位を修得した学?を卒業と認め、学?の学位を与えます。

  • 所定の在学期間の確認、必要単位修得の確認
  • 卒業演奏の評価???専門実技の学修成果を総合的に審査する「卒業演奏」では、各学?の演奏を複数の教員が様々な視点から個々に採点し、それらの集計結果により評価を決定します。

カリキュラム?ポリシー

教育課程の編成方針

一対一の個人指導による専門実技授業、伴奏や室内楽などのアンサンブル授業、多くの演奏体験、そして?楽に関する専門知識を修得する理論系授業、これらによってピアノ奏者として必要な表現?と知識及び?らを成?させてゆく?を?につけられるようカリキュラムを編成します。

具体的なカリキュラム構成と特徴

1年次から4年間一貫して?われる充実した個人レッスンで各?の実?と個性を伸ばすための学習を?います。

  • 毎年度、学内の演奏会場にて演奏試験を?い、専門実技の学修成果を評価します。試験課題はバロック、古典派、ロマン派、近現代と、4年間で様々な時代様式の作品を学びます。
  • 3年次では任意のピアノ協奏曲全楽章を課題とする実技試験、及び30分以内の独奏作品を演奏する「学内発表」が必修とされ、演奏経験を通して専門能?の向上を図ります。
  • また歌曲/器楽伴奏法、ピアノ合奏、室内楽、といったアンサンブル実習授業も設け、?々な視点から演奏を考察、実践して応??を?につけるとともに、外国人客員教授や外来のアーティストによるレッスンや特別講座、提携校への派遣留学制度などにより、国際的な学修経験を積む機会が設けられています。

教育課程の評価方針?方法

  • 専門実技試験では、各学?の演奏を複数の教員が様々な視点から個々に採点し、それらの集計結果により評価を決定します。
  • その他の授業科目については、各科目の担当教員がシラバスに定めた方法によって評価します。

アドミッション?ポリシー

求める人物像

  • 視野を広く持ち、実?を伸ばすために精進できる人
  • ?楽への興味を持ち、ピアノ演奏を通して?楽芸術全般に積極的に関与したい人

?学前に?につけてほしい学習成果

基礎的な演奏表現能?(?楽に対する感受性、表現?、演奏技術、暗譜?、読譜?)?々の練習の際に?がけてほしい点(参考例)

  • ?に対する感性を?切にした勉強
  • 感じたことを表現しようとする姿勢
  • ?階、アルペジオをはじめとする継続的な基礎技術の学習
  • できる限り多くの作品を勉強すること
  • 様々なジャンルのクラシック?楽に親しむこと

?楽の基礎的能?(ソルフェージュと楽典の基礎)

基礎的な学????外国語や一般教科の学習にもできる限り?を入れて下さい。

?学試験の基本的な方針?考え方

一般選抜

  • 専門実技試験では、演奏家としての資質、技術、表現力をみます。受験者一人一人の独奏を複数の審査員が様々な視点から個々に採点し、それらを集計した結果により評価を決定します。
  • 専門実技試験の結果に加え、音楽の基礎的能力試験 (ソルフェージュ、楽典)と大学入学共通テスト(外国語、他)の結果を総合して合否を判定します。

器楽専攻弦楽器コース 3つのポリシー

ディプロマ?ポリシー

人材育成目標

器楽専攻弦楽器コースでは以下に挙げる人材の育成を目指しています。

  • プロフェッショナルな演奏家や指導者、教育者として?ら成??発展していく?を?につけた人
  • 音楽芸術の発展に寄与し、国際感覚を持ち、広く社会に貢献できる人

卒業までに?につけるべき資質?能?

  • 専門家としての?い演奏技術と知識、豊かな表現能?
  • 音楽作品に対する深い洞察?
  • 独奏、アンサンブル、オーケストラなど、多様な音楽場?で活躍出来る?
  • ?主性を持って??を成?、発展させてゆく?
  • 国際性と教養

学位の授与方針と評価方法

最終年次の「卒業演奏」を含めた所定の単位を修得した学?を卒業と認め、学?の学位を与えます。

  • 所定の在学期間の確認、必要単位修得の確認
  • 卒業演奏の評価???専門実技の学修成果を総合的に審査する「卒業演奏」では、各学?の演奏を複数の教員が様々な視点から個々に採点し、それらの集計結果により評価を決定します。

カリキュラム?ポリシー

教育課程の編成方針

個人実技レッスン、室内楽、弦楽合奏、オーケストラなどのアンサンブル系の授業を中心に、基礎の徹底から多くの演奏体験などにより、洞察?を持ったプロフェッショナルな表現?、応??の習得ができるようなカリキュラムを編成しています。

具体的なカリキュラム構成と特徴

1年次より4年間?貫して?われる充実した個人レッスンと同時に、アンサンブル教育の重視がコースの特徴です。

  • 弦楽四重奏を中心とした弦楽器コースの授業でアンサンブルの基礎を学び、より規模の大きなアンサンブルである弦楽合奏、さらにオーケストラの授業へと発展させていくことで、より深く音楽の本質を学ぶと同時に、主体性をもって多様な人々と協働して学ぶ態度を?につけます。
  • 室内楽?弦楽合奏?オーケストラそれぞれにおける定期演奏会?学内演奏会などの多くの演奏機会により演奏家としての経験と姿勢を学び、さらに外来のアーティストによるレッスンや共演、提携校への派遣留学制度などにより、国際的な学修経験を積む機会が設けられています。

教育課程の評価方針?方法

  • 専門実技試験では、各学?の演奏を複数の教員が様々な視点から個々に採点し、集計結果により評価します。
  • その他の授業科目については、各科目の担当教員がシラバスに定めた方法によって評価します。

アドミッション?ポリシー

求める人物像

  • 演奏家としての資質と技術を備えている人
  • 将来音楽界、芸術教育界を担うべく意欲旺盛な人
  • より?い技術やより深い音楽性を貪欲に求める人
  • アンサンブルなど共同での演奏に関心のある人
  • ?然を愛し、豊かな感受性、想像?を備えている人

?学前に?につけてほしい学習成果

専門実技能?

  • 音に対する感性を大切にした勉強
  • 感じたことを表現しようとする姿勢
  • 音階?練習曲等、基礎技術の学習
  • 様々な時代様式の作品の勉強

音楽の基礎的能?(ソルフェージュ、ピアノ、楽典)

基礎的な学?、語学?

?学試験の基本的な方針?考え方

一般選抜

  • 専門実技試験では、演奏家としての資質、技術、表現力をみます。受験者一人一人の独奏を複数の審査員が様々な視点から個々に採点し、それらを集計した結果により評価を決定します。
  • 専門実技試験の結果に加え、音楽の基礎的能力試験 (ソルフェージュ、ピアノ、楽典)と大学入学共通テスト(外国語、他)の結果を総合して合否を判定します。

学校推薦型選抜

  • 専攻実技試験、音楽の基礎的能力試験、面接試験の結果及び提出書類(音楽活動記録、調査書他)を総合して合否を判定します。

器楽専攻管打楽器コース 3つのポリシー

ディプロマ?ポリシー

人材育成目標

器楽専攻管打楽器コースでは以下に挙げる人材の育成を目指しています。

  • あらゆる演奏形態に対応する演奏技術ならびに表現?法を修得し、豊かな感性と創造性に満ちた活動を?う能?をもった人材
  • ソリスト?室内楽奏者?オーケストラ奏者等の演奏活動、また教育者?指導者としての活動を通じて広く社会貢献し得る人材

卒業までに?につけるべき資質?能?

  • 独奏、アンサンブル、オーケストラなど多様な演奏活動に対応できる?
  • 豊かな感性と創造性

学位の授与方針と評価方法

最終年次の「卒業演奏」を含めた所定の単位を修得した学?を卒業と認め、学?の学位を与えます。

  • 所定の在学期間の確認、必要単位修得の確認
  • 卒業演奏の評価???専門実技の学修成果を総合的に審査する「卒業演奏」では、各学?の演奏を複数の教員が様々な視点から個々に採点し、それらの集計結果により評価を決定します。

カリキュラム?ポリシー

教育課程の編成方針

一対一の個人レッスンによる充実した専門実技授業と室内楽からオーケストラまで大小様々な規模のアンサンブル実習授業により、あらゆる演奏形態に対応する演奏技術と表現?法を?につけられるようカリキュラムを編成します。

具体的なカリキュラム構成と特徴

  • 個人レッスン形式の専門実技授業「管打楽器奏法の研究」、楽器の専門知識を学ぶ「管打学基礎」、アンサンブルを?う「室内楽」、ウィンドオーケストラの実習授業「管楽合奏」、弦楽器コースと共同で?う「オーケストラ」を5つの柱として、あらゆる演奏形態に対応する演奏技術?表現?法を修得します。
  • 特に、本学最大の合奏授業である「オーケストラ」では、学部?大学院?全員で授業を?い、曲ごとの演奏者は年次に関りなく教員により指名され、下級?と上級?が混ざって合奏を?うことでお互いに大きな刺激を与え合います。また教員と一緒に演奏することで、その場で素早くアドバイスを受けられ、音楽を肌で感じ取り、多くのことを学んでいきます。
  • また、外来のアーティストによるレッスンや特別講座、提携校への派遣留学制度などにより、国際的な学修経験を積む機会が設けられています。

教育課程の評価方針?方法

  • 専門実技試験では、各学?の演奏を複数の教員が様々な視点から個々に採点し、それらを集計した結果により評価します。
  • その他の授業科目については、各科目の担当教員がシラバスに定めた?法によって評価します。

アドミッション?ポリシー

求める人物像

  • 豊かな感受性、想像?、表現意欲を備えている人
  • 人との関わりや思いやりを大切にし、協調性、適応能?に優れた人
  • アンサンブルなど共同での演奏に関心のある人
  • 物事への積極性があり、国際的な視野を持っている人

?学前に?につけてほしい学習成果

  • 主要オーケストラ作品、室内楽など様々な作品に親しみ、知識を広げておくこと
  • ?いレベルの演奏表現能?
  • 音楽の基礎的能?(ソルフェージュ、ピアノ、楽典)
  • 基礎的な学?、語学?

?学試験の基本的な方針?考え方

一般選抜

  • 専門実技試験では、演奏家としての資質、技術、表現力をみます。受験者一人一人の独奏を複数の審査員が様々な視点から個々に採点し、それらを集計した結果により評価を決定します。
  • 専門実技試験の結果に加え、音楽の基礎的能力試験 (ソルフェージュ、ピアノ、楽典)と大学入学共通テスト(外国語、他)の結果を総合して合否を判定します。

学校推薦型選抜

  • 書類審査(音楽活動記録、調査書他)及び録画による演奏審査の後、専攻実技試験、音楽の基礎的能力試験、面接試験の結果を総合して合否を判定します。

音楽研究科 3つのポリシー

博士前期課程 3つのポリシー

ディプロマ?ポリシー

人材育成目標

?度な専門性と幅広い知識、旺盛な国際感覚をモットーに、現代社会における真の音楽芸術のプロとしての能?を?につけ、国際的な視野を持って芸術文化の発展に寄与できる人材を育成することを目指しています。

修了までに?につけるべき資質?能?

  • 音楽芸術の専門家としての?い表現能?
  • 学際的な研究?法と専門的な知識
  • ?らの才能と技術を?かして社会の需要を作り出す?
  • 領域の枠を超えた学修によって得た広い視野と応??、国際感覚

学位の授与方針と評価方法

  • 領域により「修士作品」、「修士論文」?は「修士演奏」等の審査及び最終試験に合格したものを修了と認め、修士(音楽)の学位を授与します。
  • 所定の在学期間の確認、必要単位修得の確認
  • 「修士作品」、「修士論文」?は「修士演奏」及び最終試験等を審査し総合的に評価します。

カリキュラム?ポリシー

ディプロマ?ポリシー達成のための教育課程の編成?針

学部で習得した音楽?般および専門能?を?台とし、さらに?度な専門性を?につけ?らが開拓していく?を養うことを目指しています。

具体的なカリキュラム構成と特徴

年度ごとに研究計画を?て、学部で培った作曲、研究、演奏能?を深化させるとともに学際的研究能?を?につけることで、音楽研究を?度に発展させる?を養います。単?専攻制であるため、各専門分野を深める授業のみならず、他領域の授業や、教養教育、或いは美術研究科との連携も含めた複合領域による授業など、領域横断的な研究を?うことが可能となっています。博士後期課程への研究の継続性を図るため、創作?演奏領域の学?の修了論文(?部選択)の指導も?います。

教育課程の評価?針??法

学?個々の研究計画書と研究報告書をもとに研究状況を総合的に評価します。

アドミッション?ポリシー

求める人物像

  • 音楽芸術における?度な知識?技能?表現??応??をもつ人
  • ?発的に社会の需要を掘り起こす意識を持っている人
  • 学際的研究能?と国際的な感覚を持ち合わせた人

?学前に?につけてほしい学習成果

  • 音楽芸術の?度な専門能?
  • 音楽芸術に関する理論知識
  • 語学?と国際的感覚

入学試験の基本的な?針

提出作品、実技試験、研究計画書、口述試験、外国語、西洋音楽史などの試験結果を総合して選抜します。

博士後期課程 3つのポリシー

ディプロマ?ポリシー

人材育成目標

より?度な専?性、?楽と関連諸芸術に関する広範な理論的知識、および?度な?本語?章能??外国語の運?能?に裏打ちされた国際感覚をベースに、演奏、創作、研究、教育等多様な領域で、現代社会における?楽芸術のプロフェッショナルを育成することを?指しています。

修了までに?につけるべき資質?能?

  • ?度な専?的能?と理論的分析能?、表現?を備えた、??して活動し得る能?
  • 現代社会における演奏、創作、研究、教育等?楽芸術分野における多様な領域で中?的?指導的?材となり得る能?

学位の授与?針?評価?法

  • 3年以上在籍し、所定の単位を修得した上で、博?論?(研究分野によっては、博?論?及び博?学位申請リサイタル等)の審査及び最終試験に合格したものを修了と認め、博?(?楽)の学位を授与します。
  • 博?学位申請リサイタルは公開で?われ、主任指導教員を含む3名以上の審査員により評価します。
  • 博?申請論?は、予備審査の合格を経て、主任指導教員を含む学内の審査委員3名以上(このほかに外部審査委員を加えることができる)による審査及び?述試問により評価します。

カリキュラム?ポリシー

ディプロマ?ポリシー達成のための教育課程の編成?針

博?前期課程を踏まえ、?度な専?的能?に加えて理論的分析能?、表現能?を?につけることを基本?針としています。

具体的なカリキュラム構成と特徴

博?研究指導、?楽創作?表現研究、?楽理論研究の3科?を通して、?楽芸術における?度な専?性を修得するための理論的分析能?と卓越した表現能?を?につけ、研究を深化させます。学?は年度ごとに研究計画を?て、?案から実施に?るまで主任指導教員と副指導教員のサポートを受けながら、公開審査の形によるドクトラル?コンサート(年次リサイタル、年次レクチャー)や2年次の特別演習(研究成果報告会)、および年度末に作成する研究報告書によって成果を発表します。

教育課程の評価?針??法

ドクトラル?コンサートにおける演奏?創作?研究発表と研究報告書の内容の評価に加えて、内外の学術的刊?物への論?掲載等によってその研究成果を地域社会、国際社会に広くアピールする能?も評価します。

アドミッション?ポリシー

求める人物像

  • ?ら博?後期課程での研究課題を持ち、研究への強い思いがある?
  • ?らの研究で?楽芸術?化を発展させるという強い意志を持つ?

?学前に?につけてほしい学習成果

  • ?楽芸術の?度な専?能?
  • ?楽と関連諸芸術に関する広範囲な理論知識
  • ?度な?本語?章能?
  • 外国語の運?能?に裏打ちされた国際感覚
  • 博?前期課程(修?課程)において修?論?(或いは修了論?)を書いていることが望ましい。

?学試験の基本的な?針

提出された作品、修?論?、実技試験、外国語、?述試問等を博?後期主任指導教員全員で審査し、総合的に評価します。